引っ越し業者評価ブログ

3月から4月にかけて卒業・入学のシーズンになりますと生活に変化が生じる人たちもたくさんいます。社会人の方では転勤等で住み慣れた土地を離れて新天地でのスタートが始まる方々もいらっしゃるでしょう。次に住むところが社宅・単身用のワンルーム・借家・マンション・持ち家にかかわらず「引っ越し」というイベントが発生いたします。次の住居が決まっている場合で単身の「引っ越し日(退室)までの流れ」を下記に述べていきます。前もって出来ることや確認しておくことについて、まずは日程を決める必要があります。転勤が多い人の場合は赴任までの準備期間が短いケースがありますので、常時身の回りをコンパクトにしておき、すぐに荷物をまとめる状態にしておくことがポイントです。日にちが決定するとすぐに業者選びをして、見積もりを依頼します。移動先までの距離や荷物の量及びサービスの内容により、様々なプランが用意しておりまして、利用者側のシチュエーションに応じて決めていくことが可能です。プランによっては単身用のカーゴテナーの中につめていく方式もありますので、荷作りの際にダンボールに入れる必要なものと不要なものがありますので、このときにダンボールの数やサイズを確認できます。「電力会社・水道局・ガス会社」「インターネットのプロバイダ会社」への移転の連絡や行政機関への転出の手続き(平日の昼間)もしておく必要があります。忘れがちなのが郵便局への転居届があります。郵便物が新住所に届かないということになりますので、新旧住所・連絡先をしっかり記載して郵便局に届出をします。現在済んでいる住居も借家の場合では解約手続きも必要となってきますので、早めに不動産会社などに連絡します。通常不動産賃貸の場合としまして、解約通知は退去予定日の1ヶ月前までに書面等で不動産会社に連絡することを契約書で記載していることがほとんどですので注意が必要です。ただし引っ越し日より1週間以上あとに退去日になっても、逆に猶予期間がそれだけありますので、引っ越し後にやり残した手続き等に対応することも出来ます。当日は荷物を搬出してから部屋掃除をしていきます。退出前に電気のブレーカーを落とし、ガスの閉栓をします。すべてのチェックをして(室内の忘れ物も含む)から施錠して退出いたします。引っ越し日までの流れを述べていきましたが、数多くの注意点が出てきますので、「チェックリスト」を作成して進めていきますとよりスムーズにいきます。

MENU

引っ越し業者評価ブログ